bitmex用トレーディングbotを初心者が作ってみた

pc関連tips

トレーディングbotの作成

前置き

本ページは、botを作ったことのない私が、1から情報を集めてbotを作成していこうという気合で、作るために集めた情報やスクリプトなどをまとめて記載しています。
これを参考にすれば誰でもbotが作れる…!?かも。

で、botのサンプルとして考えたのは、有名な「ドテン君」。
今では「5万円で発売されてとっても売れた」ってことで有名ですね。
ですが、発売されたものとは別に「UKIさん」という方が
作成し使用していたものが元祖のようです。
ロジックのアレンジと、使用方法解説・その後のサポートを付けて

売り出されたのがakagamiさんのドテン君(AKAGAMI Ver.)とのことです。
確かに、bot!?すごそう!使いたい!!…けど、普通の人はどうやって使っていいかわからない…ので、、技術料って感じなんですかね。
購入した後に入れるラウンジが凄いのだとか?!

・元祖 UKIさんの記事

資産1億達成したビットコイン投資手法を公開した - これからの「お金」の話をしよう
UKIです。 4月5日にビットコイン投資(投機)で資産1億を達成しました。 達成と同時にその手法をツイッターに投稿しています。 最終資産は1億255万。TLを振り返ると(元祖)ドテン君を初めて動かしたのは3/4、チャレンジの軍資金2000が着金したのが3/8である。ざっくり丸めて考えると、およそ1ヶ月弱で2000→1億...

・AKAGAMIさんのnote(5まんえん)

BTCFX自動売買トレードbot 「ドテン君 (AKAGAMI Ver.)」(+クローズドコミュニティAKAGAMI LOUNGE 招待)|AKAGAMI 卍|note
(2018/04/19追記) 好評、かつ、購入数がさばける数まで落ち着いてきましたので、販売は期限を決めず延長いたします。 (2018/08/14追記) 本日、直近の相場環境の振り返りを経て、本botの一時稼働停止をコミュニティ内にて推奨アナウンスしました。そのため、本noteはコミュニティへの参加権利とお考えくだ...

で、私の気持ちですが。
儲かるならちょ~やりたい
というシンプルな感じです。

え、botなんて作れるの?
と自分でも思っていますが、最近ガチャばかり引いてて
忘れかけてたけど私SEなんだった。
いけるいける!たぶんいけるよ!
なんでもやってみないと!

こちらもどうぞ

botが停止しているのをLINEへ通知するスクリプト
自動取引botのサポート仮想通貨自動取引botを使っている人向けの記事です。勝手に取引してくれて、損したり得したりする自動取引bot。 私もこちらの記事で作成しています。→bitmex用トレーディングbotを初心者が作ってみた通常、...

どうやってつくるか

色々Google先生で調査しましたが、結果、こんな感じで行こうかと。
私なりに取捨選択した結果です。

取引所 調査時点では、bitflyer(日本国内にこだわるならこちらが良い)とBITMEX(外国)の2択という感じでした。
今回は、とにかく気軽に登録できるBITMEXにします。
なんとメアドだけで登録できます。そのうえ、testnetがあるので、動作検証に良い!
何はともあれまずは登録しておきましょう。
BITMEX ←こちらから登録すると、手数料が6ヶ月間10%お得!
BITMEX TESTNET ←テストネットはこちら!(本体とは完全別登録です)
使用言語 pythonにします。
botだと、pythonの情報が一番多かったので。
フルスクラッチとか無理だからほかに参考にできるものが多いものを選びました。
他候補には、GO言語とかあったかな(聞いたことくらいしかない…)
サーバ Cloud9(Amazon)
延々動かすために。
しばらく無料期間アリなので、続くかわからない人にもいいんじゃないかな。PCを24時間つけておける人は自分のPCでもいいのかもしれませんが、UPSとか家に無いからね
手法 まずはオリジナルドテン君を参考にして、pythonコードを動かすだけ動かしてみる!

 

進め方

無料~から安いnoteを参考に進めていきました。
ちなみに、bot完成体を買うには、少なくとも数万からの金額が必要のようです。
が、既に市場に合わず、「もうからない」状態になったコードなどは無料で見つけることができます。
まずはつくってみたいのですから、そういった無料コードでテスト稼働をさせてみることにします。
売買ロジックの変更はpythonを理解さえしてしまえば可能になりますから…
習うより慣れろです。

1.まずは取引所に登録する

まずは使用する取引所に登録しましょう(この場合はBITMEXとします)。

BITMEXがおすすめな点は以下の通り。

・メールアドレスだけで即時に登録できる。(日本の取引所は、免許証送ったりなんだりで結構時間がかかります。ただし、「日本円→BTC」の取引のために一つは用意しておきたいので、並行して登録するとよいかと思います。)
・テストネットがあるため、botの正常稼働チェックがしやすい
・めっちゃくちゃマイナスになることがあっても、ゼロカットまでで済む(追証なし!)
・日本人ユーザが結構多いので、困ったときにノウハウを得やすい。

次に、テストネットにも登録を済ませます(本体とは完全別登録なので、同じメールアドレスでいけます)。

BITMEX TESTNET

2.bot用の環境を整える

ここで登場するのがAWS(AmazonWebService)です。

AWSの利点は、以下の通り。

・Amazonのサービスなのでなんとなく使いやすいこと(心理的に)
・家にUPSを買ってPCを稼働させ続けるよりははじめやすいこと(無料期間アリ)
・それなりにユーザがいるため、困ったときに調べやすいこと

・AWSのCloud9に登録。登録~環境構築などはググるとたくさん出てきますが、
→有料(300円)ですがおすすめのノートはこちら
https://note.mu/mazmex7/n/n1a3a0293ce82
・Cloud9でのpythonの環境構築。
→有料(300円)ですがおすすめのノートはこちら(上のと同じやつ。お得)
https://note.mu/mazmex7/n/n1a3a0293ce82
・pythonでbotを作り上げてゆく…
無料で、初めての稼働におすすめなのはこちら
→元祖ドテン君を書き起こしてくれたもの+修正コードあり
https://note.mu/ycrypthon/n/n359de7443211

とにかく一旦動かすために、コマンドなどの参考になったノートを次項にまとめます。
#上に書いたものも一部含みます。
で、一旦動かせたら、あとはとにかく右往左往。やりたいことに合わせて。

で、できました。参考になったノートたち。

一応、動かすところまで行けました!
noteはお高いものから安いものまでけっこうたくさんあったんですが、
CCXTというライブラリのみのものが多くて…ね…
書いてある通りにやってもうまく動かなかったりして首をひねっていたのですが、
bitmexはCCXTをたまに制限したり?しているらしい?からかもしれない?
あるいは私の実力不足かもしれない?(結局よくわからなかったがオーダーすら出せなかった)
というわけで、私はCCXTをあきらめ、bitmexの独自APIを使用する形で作りました。

・色々と買いあさったけど、結果として役に立ったnoteたちをご紹介。
python自体の知識は、ネットに落ちてる勉強サイトで今のとこ充分でした。
エラーが出てつまづいたところでぐぐればよいです。

元祖ドテン君風のもの(無料)

https://note.mu/ycrypthon/n/n359de7443211
→元祖ドテン君を書き起こしてくれたもの+修正コードあり 無料!
→初めはこれを動かしてみた。
ほぼコピペであろうと、「動かせた」というのはとても得るものは多い
初めに挑戦してみてもよいbotなのではないかと!
はじめは必ずテストネットで使用しましょう。

bitmex向けのライブラリなど(300円)

https://note.mu/mazmex7/n/n1a3a0293ce82
→bitmex向けのAPIライブラリマップがついていたりして大変得るものが多い
→testnetへの接続用の記述も入っています
CCXTをbitmex独自APIに直すのに一番役に立った
→大変丁寧でわかりやすいが、botの完成という目線でいうと未完で続きが非常に待たれる
→追記。第二弾があがりました!!しゅごい、こんな情報欲しかったの…ッ
って感じで、CCXTとbitmex独自APIの注文用コマンドの詳細がたくさんです!!
ああ、私の構築時にこれがあればあんなにググらなくてよかった…!ってくらい素晴らしいのでぜひ!!
というかコマンド系はこれを買うだけで充分じゃないかな!?
※もちろんMEX公式ドキュメントが自分で読み解ければそれが一番(難しいんだよなあ…)
BitMEX 自動売買BOT開発 [ API編 ] ② API関数の実装、注文系 API の詳細(タイプ・オプション・特殊注文)

bitflyer向けだが勉強になるもの(500円)

https://note.mu/snufkin0866/n/n9f89d66a400e
→bitflyer向けbotソース+python解説など。
→bitflyer向けではあるが、botそのものの勉強になるし、
安くて大サービス。超お得だった。
私のbotの土台はこちらを主に使用しています!!理解すれば流用がききます。
これ500円でいいのかな~。

あと、一つ思ったことを。
bitmex用のbotを作成する場合に突き当たるさまざまなエラーや知識不足についてです。
私の感触では、まだまだgoogle検索結果に情報が少ないです。
google検索より、note内検索を使用した方が実入りがあるケースが多いと思います。
有料記事も多いのですが、中には無料か安い値段でノウハウを書いてくれている人も…
twitterでの検索もおすすめです。
というわけで、調べる際は、以下併用をお勧めいたします。
・googleで検索
・note内の検索boxで検索
・twitterの検索boxで検索
→私自身が遭遇した問題はこちらにまとめました:bitmexトレーディングbotを本番環境に移した際に気を付けるべき事項やエラー等

後、選んだ取引所のBITMEXはメアドだけで登録できます。
BITMEXは本体はこちら。こちらから登録すると、手数料が6ヶ月間マイナス10%になります!⇒BITMEX
しかもテストネットがあってありがたい…
テストネットはこちら⇒BITMEX TESTNET
※テストネットと本体は完全に別個での登録になります。

このあとどうしよ

とりあえず、一応エラーが無く動くようにはなって、
bitmexのテストネットで動かしている状態です。
これで資本が増えてくれたらいいんですけども~~。

bot自体は完成しました。ですが、

★ほにゃらら★だったら
→買う
→売る

っていう「python自体」はできたんですが、
この「ほにゃらら」については、何を指標にすればいいのかは
もう自分で決めないといかんのですよね…(市場におけるアルファ、とかいうのでしょうか)

今はサンプル的なものを入れっぱなしだけど。
えー、これチャートとかを見れるようにならないとダメ?
オリジナルドテン君をそのまま使うのもありかと思うのですが
作者さんが既に乗り換えているものだしなあ。。
うーん。
ここからは、bot云々ではない勉強が必要になりそうです。
まあ、テストネット最高、いくら損しても死なないぜ!ってことで、今回は終了です。
しばらく動かして勝てそうな雰囲気だったら、普通に本口座で
動かしてみようと思います!!
多分私がふんいきでトレードするよりは強いだろう。

ところで久しぶりに攻殻機動隊を見て、14話「全自動資本主義」、すごいなあ~と思いました。
これ2002年~2003年とかに放送ですよ、先見できる人っているんだよなあ。
見たことない方はぜひ!!

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX [2002年10月1日 – 2003年11月30日放映]

次に向けては、これを読んでいます。
うーん、わかんない!w

コメント

  1. […] この記事では、前回pythonでbitmexで使用する自動取引botを作ってみた初心者が 理解をどんどん深めるためにローソク足のグラフを描くべく四苦八苦していきます。 ちなみにどのくらい初心者かというと、グラフを描いたことはないくらいです。 ちなみに、作ったbotは元気に動いています。 一回だけ不正落ちした(通信エラー処理不足かな)けど… で、損益がやばい。 儲かってない。 ドテン君のようないわゆるトレンドフォロー型のbotは、レンジ相場(あまり上げ下げが無い)に弱く、 トレンド相場(それなりの期間上がり続けたり下がり続けたり)に強いというのがふつうのようです。 なんで?と言われると私も初心者なので困るのですが、トレンド相場は順張り、レンジ相場は逆張りするといいらしいですが、 そのからみなのではないでしょうか… 最近はレンジ相場の期間が長かったせいか、いわゆる往復ビンタ(買ったら下がって損をし、売ったら上がって損をする)を食らい続けていました。 それに耐えてトレンド相場を待つ…!! というのが正攻法なのかもしれませんが、レンジ相場もそれなりに耐えきりたいじゃないですか。 まあどうやって耐えるのかよくわかってないんだけど。 わからないことを解明する…そのためにお勉強をするのです!! まずはグラフ書くぞ!! ただ、私超文系だし数学は2Bまでしかやってないし初心者だしシグマとかよくわからない(Bで出た気はする…?が理解はできなかった)ので、一歩一歩頑張ります。 […]

  2. […] 私はトレーディングbotをAmazonWebService(AWS)のcloud9上で動かしています。 時々、この環境がとても重くなって困ることがありました。 その時にCPUなどを食いつぶしているプロセスはこれでした。 […]

  3. […]  私もこちらの記事で作成しています。→bitmex用トレーディングbotを初心者が作ってみた 通常、元気に動き続けてくれるものですが、たまに予期せぬエラーで […]

  4. […] ・botを作りたい方はこちら→bitmex用トレーディングbotを初心者が作ってみた ・取引所bitmexはこちら。なんとメアドだけで登録できます。  BITMEX ←こちらから登録すると、手数料6ヶ月間マイナス10%!   BITMEX TESTNET ←テストネットはこちら(本体とは完全別登録です) […]

タイトルとURLをコピーしました