Cryptactを税金計算に使用してみた[2021]※サラリーマン

ついにやってきてしまいました2021年12月。

今年は、2月くらいに「ビットコイン上がってるやん!!」とお残しのBTC(0.2くらい)で参入して以来、上昇相場にうまいこと乗れて、利益が見事20万円を超えたのです。

ずっとサラリーマンだし、副業は月100円とかだからやったことないけど、確定申告が必要なやつなんだわ!

しかし、日本の取引所で取引しただけなら大したことのない税金計算も、Binanceに送ってパンケーキスワップしてしまったり、FXめいたことに手を出してしまったり(下手でした)、なんだかどんどん複雑に…なって…多分プラスなのは間違いないけど、どうしたらいいの…

というわけで、お金を払って何とかすることに決めたのでした。

残念ながら税理士さんに丸投げするほどはもうかってないんだよなあ!

計算に選択したサービスはCryptact

いくつか検討しましたが、「Cryptact」を選択して課金しました。

理由は以下の通り。

①ちょっと無料でお試しできたけど使いやすく思えた
海外の取引所対応が多かった(手順通りcsvをダウンロードして食べさせる感じ、取引所によってはAPI接続もある!)
お安い(お試し8,000円で、随時差額にてアップグレード可能。私は海外取引所を使っていたので、現在19,800円のプランを使用中)
12月15日から、メインのDefi(ETH,BSC)対応予定!
⑤最悪税理士さんを紹介してもらえるらしい…
基本的には、取引所については対応取引所のCSVをダウンロードしてきて(マニュアル、あります!)、食わせるだけです。ありがて~!!!
勝手に損益が出てくれます。ありがて~!!!(2回目)

ただ、DeFi(パンケーキスワップとか、uniスワップとかね)の流動性提供に手を出してしまった場合がやばくて、今まではカスタムCSVを自分で作らねばならなかったのですが…

なんと、12月15日から対応予定!!(感涙)

Defiに手を出してしまった人はね、もうお金を使って何とかするしかないですよ(白目)
自分でやるには限界というものを感じます…。
15日になったら、さっそく新機能を使用してレビュー予定です!!

Cryptactはこちら↓

Cryptact Grid
7万人の投資家が利用!売買サポートサービス

※ここから下はCryptactの19800円プランで可能な内容で進めてます。

まずは取引所とウォレットを整理しよう

さて、基本csvを食わせるだけ…にしても、まずは対象物を整理せねばなりません。

私の場合は、日本の取引所→BinanceやBybitなどに出金してアレコレ→各種チェーンのウォレットへ…

という感じで、比較的シンプルでした。シンプルといってもこんな感じさ

…ええ、いろんなチェーンに手を出していったのでこんなことに…

でもね、取引所のメインがAPI対応していれば、マジそこだけは楽勝です。(結構使い倒したBinanceがAPI対応だったので本当にありがたかった…)

リファラルだの、コンバートだの、マイニングだの、現物、マージン…レバレッジ…本来大量の履歴ファイルを落とさねばならないところを、勝手に処理してくれます。ありがたすぎる!!
#とはいえ履歴ファイルも念のため落としておいたほうがいいとは思います、保存はしておきましょう!

というわけで、上の図のような感じで

関連取引所、出金先の流れ、ウォレットのチェーンなどを整理しました。

この整理は、仕事でもよく使ってるXmindというソフトに頼りました。

XMind のマッピングソフトウェア
XMindは、仕事とライフスタイル両方の効率化を図るため、アイデアを生み出し、創造性を刺激するように設計された、マインドマッピングおよびブレーンストーミングツールです。

ツリーが簡単に作れて便利なのよね。(本来の使い方とは違うだろうが!)

整理できたら、取引所(API)→取引所(CSV)でまず食わせる

関連取引所とウォレットが整理できたら、

まずは取引所(API)から片づけます。

接続するだけで超楽!!ただ、「API可能な範囲」はよく確認して、APIの対象範囲外で自分がアレコレしているようだったら、そこは別途csvをダウンロードして食わせましょう。
#とはいえ、ほとんどカバーしてくれています

例:BinanceのAPI対応

対応している↓
現物取引の履歴
マージン(クロスマージン)
トレード履歴
借入履歴
返却履歴
マージン(分離マージン)
トレード履歴
借入履歴
返却履歴
先物履歴(COIN-M)
先物履歴(USDネ$-M)
レバレッジトークンの申し込み履歴
レバレッジトークンの償還履歴
BNBのコンバート履歴
販売所(クレジットカード購入)の履歴
Binance流動性スワップ履歴
出金履歴 ※送金手数料にのみ対応
DeFiステーキング(DeFi Staking)
フレキシブルステーキング(Flexible Staking)
セービング報酬履歴
ローンチパッド履歴
対応していない:
マイニング収益(ダウンロード可能な履歴ファイルでの自動対応あり)
定期ステーキング(Locked Staking)
Large OTC trading
POS saving interests
ETH2.0でのETH⇒BETHのコンバージョン(https://www.binance.com/en/eth2)

参考:随時対応が増えたりしているかもしれないので、実際の状況は公式サイトで確認してね!

 

ありがたいですね、ほんと…

API対応(12月14日時点)の取引所は以下の通りです。

来年はAPI対応取引所しか使わないことを検討するまである。それほど便利。

ここにないものは、手順に従ってCSVをダウンロードして食わせましょう。

各取引所のcsvのダウンロード法は、公式サポートページが充実しています!

Security check

次に、ウォレットの履歴を食わせる

大変なのがウォレット関連。基本、カスタムCSVを作成して食わせることになります。

エクセルが、必須…かなぁ。

そして、DeFiっちゃった人はおとなしく課金したほうがいい…と思います。12月15日の機能を待て!

~ここからDefi対応@20211216

さて、新機能が追加されました!!

うおおおおお!!!

どの程度機能してくれるのでしょうか…ちなみに、私はそこまでやんちゃはしておりません。
(pancakeswapと、あと…数個くらい?)

現在対応のチェーンは、ETHとBSC(BEP20)です。

あんまりトランザクションが多いと動かないといううわさも聞きましたが、緊張しつつ、IN!

結果!!

おおお…一応、408件のうち?、77.45%を識別してくれたようです(残りは自分でマーキングするっぽいな)

個人的には、十分に思えます!!(DeFiの履歴を全部手でやることと比べたら…)

ただ、私は19800円の「ライトプラン」に入っているのですが、この機能は「アドバンスプラン」以上でしか使えないとのこと…oh…

アドバンスプランは55000円。

差額35000円くらい。

24日までアップグレード20%オフ。

ウォレットの数を…じっと見る。(ちなみに、自分のウォレットの資産識別がどんな感じになるか(上の画面)までは、無料登録でできますので、吟味できますよ)

あとこの値段は、経費にできる…

ライト(19800円)→スタンダード(33000円)→アドバンス(55000円)と行くわけだけど、差分は

→スタンダードで、「件数が5000→50000件/年」に、「カスタム取引のサブカテゴリー利用」が可能に、「法人評価損益対応」になる。

→アドバンスで、「DeFi対応」が可能に、「件数が1,000,000件以内/年」に、「アップロード時のファイル容量100MBまで」になる。

DeFiに手を出したばっかりに…

でもこれ、DeFiのように識別してくれるわけではないものの、指定したウォレットの履歴は取り込んでくれるっぽいんですよね(今までカスタムCSVを作っていた部分)。それは地味にありがたいよな。

あと、スタンダードから使用できるカスタム取引のサブカテゴリ。いろいろなチェーンに手を出した人はこれあるとすごく便利だと思う。。(全チェーン取りまとめてから取り込むのではなくてチェーンごとに入れられるようになると思う)

ああ…アップグレードしかないのか。

年末の出費すごいよお…

コメント

タイトルとURLをコピーしました