ネイル

【ネイル】サンプルチップの作り方とサイズまとめ

更新日:

ネイルでのアートを確認できるサンプルチップ。
↓こういうのです

見たことはたくさんありますが、いざ作ろうと思うとサイズとかが良くわからないものです。
というわけで調べてみました。

製品のサイズ

基本、5枚で1セット。親指・小指以外の3本は同じサイズにするようです。

ネイルチップは、こういう↓全部入りみたいなタイプで売っているものを見かけることが多いのですが、同じサイズを結構使う都合上、サンプルチップづくりの場合はあまりお勧めしません。
特定のサイズは無くなり、特定のサイズは余ることになります…
(もちろん、チップを作って売るのだという場合には、お客様の爪に合わせて色々なサイズを選ぶことになるので、フルセットを買うのがいいのだと思います!あくまでサンプルチップづくりの場合は10サイズいらないということです)
サイズは、右下から0、~左上が9です。
数字が大きくなるほど小さくなります。

で、セットのサイズ感ですが…
色々ブログや販売セットを参考にしましたが、大きく以下の3セットが存在しているようです。
(もちろん、もっとあるかもしれません)

(真ん中は3枚使います)


・2/4/7
・3/5/8
・4/6/8

サンプルチップが大きいとアートが書きやすく、映えるメリットがあるようです。
逆に、小さいと女性の爪の大きさに置いた時の実際の状態に近くなるというメリットがあるようです。

お好みで…。
ちなみに、以下が手持ちのチップを「2/4/7」「3/5/8」に並べてみた写真です。

…どうでしょう。そこまでは違わないですね。
もちろん、微妙に2/4/7の方が小さいです。

ちなみになのですが、購入するときは、以下の写真のように数字が印字してある製品をオススメします!
ばらまくとわけわからなくなってしまうので…。
ちょっと見づらいですが、2と4が見えますでしょうか?

もちろん、先端を透明にしたい作品などには向きませんのでそこは使い分けで。

オススメ製品

2/4/7

2/4/7 ラウンド(ageha先生愛用セットとのことです)

3/5/8

3/5/8 ラウンド(tati竹原先生モデルとのことです。)

4/6/8

4/6/8 ラウンド

サンプルチップづくり

チップにバフ

これはチップ表面というよりは、バリ取りです。
↓こういう風に少しバリが残っているものが多いので、バフがけしてとります。

サンプルチップを固定

チップを固定する台は「ネイルジグ」という名称。
私はちゃんとしたものではなく、100均でかったフックに適当に両面テープを乗せてチップをはって使っています。
(本当は両面テープじゃなくてくっつけてとれる粘着質のものを買ってきたい!)

↓フックはこういうやつです。
サイズによってはチップがのせづらくなるので実際見てみるといいとおもいます。

ちゃんとした設置器具はこういうのがおすすめです
並べることも丸くして一気にライトにいれることも可能◎

↓こちらは低めでライトと干渉しない・透明でアートの邪魔をしないなど計算されている商品のようです

粘着のやつは…ネイル用があるみたい!あるんだ!笑
100均の両面テープでも十分ではありますが…

後は塗ってライトに入れて塗って

後は塗ってライトに入れて塗って完成させるだけですね。
チップ選びがほとんどすべてでした。
トップはノンワイプが楽でいいと思います

どんなアートにすればいいか悩むときは…ネイルレシピセットもおすすめ♪

スポンサーリンク

-ネイル

Copyright© ArcheGirl.net , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.