経血(生理の血)が会社の椅子についてしまったときの落とし方についてまとめ

スポンサーリンク スポンサーリンク

経血(生理の血)が会社の椅子などについてしまったときの対応について

「経血(生理の血)が会社の椅子などについてしまった!」というお悩み。
頻度は高いとは言えませんが、生理中の女性なら誰でもやってしまうかもしれない案件です。
勿論、こまめにナプキンを変えて、ずれてないかを気にして…のように回避する策はいくらでもあります。
ですが、長い人生失敗の一つや二つあるだろう。誰しも完璧なわけではないんだよ。
そういうときのためにまとめておきました。
※尚、この記事では、「血の落とし方」についてまとめているのみで、「その椅子について会社の誰かに報告・謝罪すべきなのか?」等の部分については取り扱いません。
各自、自身の環境に従いご対応ください。

落とせるランキング

これはもう私の体験によるものです。椅子の素材などによって変化あるでしょうが、参考になれば幸いです。
私の椅子の材質は「メッシュっぽい表面」「暗めの緑」「中にはスポンジ的なもの」でした。
会社の椅子って大体そんな感じなんじゃないかと思いますがどうでしょう。
椅子によっては別のシミができたとかいろいろ問題が発生するようですが、
私のケースですと、それどころではない、ガチの血だ。
これより悪くなりようがない…という悟りを開けそうな状態でした。
やるしかねえ!

★別のシミや色落ちなどになってしまうのが心配な方は、「椅子の端っこや裏側の方」でテストしましょう。
乾いた時に色落ちやシミが残らないようでしたら、問題なくいけると思います。
時間があるときしかできないのと、広範囲でやった際に同じように問題ないかは何とも言えないのが現実ですが。

第一位

オキシドール

堂々の一位です。
何種類か買い込んだけど、結果これ以外要らなかった。
医療現場の血液落としにも使用されているというその実力、さすがでした。
安いしね(~300円くらい?)。
こいつの凄いところは、「シュワシュワ」と化学反応?っぽくなってくれるところです。
それも血があるところだけ。効いている気しかしない!
セットで、コットン、キッチンペーパーやぞうきんをお好みで使用しましょう。
すべて、大きめのドラッグストアで手に入ると思います。
1.オキシドールをかける。
2.シュワシュワするのを見守る。
3.コットン・ぞうきん、キッチンペーパーなどで抑える。
 サイズが小→コットン、中→キッチンペーパー、大→ぞうきん とかですかね。
 ぞうきんが一番頼りになるのですが、全面汚れてしまったら水洗いをしに行く手間があります。
4.「1.」に戻って繰り返す。(シュワシュワしなくなった部分はきれいになっていればOK)
だんだんと、コットンやぞうきんにつくのが赤だったのが黄色になっていき、最後の方では大体透明になります。
私の椅子は「ガチの血」から、「昔何かがあったかもしれない?」程度の状況まで行けました。
さすがに新品同様までは行けませんでしたが、充分!
ありがとうございました。

第二位

オキシドールが手に入れば要らないとは思うんですが、一応。
経血用の洗剤。

オキシドールと比べて、ドロっとしています。
本来はつけおきするみたいなので、正規の使い方ではありませんね。
不要なシミになりやすい度は、こちらの方が高いかなぁ、と感じました…
メリット?としては、いい匂いがします。
1.コットン等に洗剤を付ける。
2.血のところを抑える。
3.トントンと血を取っていく。
4.「1.」に戻って繰り返す。
書いといてなんですが、オキシドールの方がいいと思います。
パンツつけおきするときれいになるので、無駄にはなりませんでした。

それ以外

・水(※お湯は血には絶対ダメらしいです。とれにくくなるとか。)
 ぞうきんに含ませてぎゅうぎゅうしました。薄くなる…程度の効果はあります。
 取り急ぎの応急処置にはアリなのかな。水ならすぐ手に入るし。
・まめぴか
 質問袋かなんかでみたので買ったのですが…
 効果は薄かったです。椅子の素材のせいかもしれません。

試していないけど評判が良いもの

まだ残る痕跡に、追加で試してみようかな?というやつ。
・マジックリンを薄めて使う。
 マジックリンを薄めて塗る→オキシドール の合わせ技でかなりとれるらしい…
・アンモニア水を使う。
 (臭いらしい…これは職場ではつらいですね)
 アンモニア水を薄めて塗る→オキシドール の合わせ技でかなりとれるらしい…

今後の対策

でっかい生理用品を使うとか、アリだと思います。
これはパンツ型ですごいんですよ…もうパンツ自体が生理用品ですから、
漏れようがない。多い日に。

また、ほとぼりが冷めたら、今後のために椅子には座布団をひきましょう。
座布団なら最悪捨てて新しくできる。
こういう時に役立つ座布団の要件はこんな感じです。
・洗濯できるもの
 買いなおしてもいいですけど、洗ってまた使いたいので…
・厚めのもの
 貫通したら意味ありませんから。
・シミがある程度目立たないもの
 明るい色だとわかりすぎるので、許される範囲で濃い、柄物とかがいいと思います。
 センスの見せ所ですね。
・表と裏でひっくり返しても違和感なく使用できるもの
 当日持ち帰れればひっくり返して粘る必要はないですが念のため
 ※ひっくり返すのは乾いている状態で!

あるいは、「腰が痛い」とかブラフをまいておいて、
こういう健康座布団もいいかもですね。

まとめ

とりあえずオキシドールで何とかなりますので、頑張りましょう!

やりがちなのは、生理が軽くて、血液がサラサラの日だと思います。
後仕事が忙しくてトイレに立てないとか…
気づいた時にはもう遅い…うう…。
正直へこみますよね。
めげずに仕事がんばります。がんばりましょう。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です