wordpressの「に投稿された」をなんとかする方法

スポンサーリンク スポンサーリンク

wordpressの「に投稿された」をなんとかする方法

wordpress、楽しんでいます。
慣れてしまうと、管理が楽でいいですね。
でも最近気になったことがある。「~に投稿された」というところ。

説明しますと、画面下などに「人気記事」の実装をするため、
「WordPressPopularPosts」なるものをインストールして表示しているんですが、
こんな感じで表示されるんです。。

なんかさ、この「に投稿された」って…、なんかちょっと工夫したいなぁ。
直訳っぽすぎません?

変更方法!

というわけで確認してみました。
こちらの表示を制御しているのは、以下のファイルでした。
(ディレクトリは自身の環境で読み替えてください。)
\wp-content\languages\plugins
 配下の「wordpress-popular-posts-ja.po」に記載がある。

この部分です。

これを書き換えてみればいけそう。
ですが、ここで、実際にwordpressが使用するのは「.po」ではなく「.mo」の
バイナリファイルのようなのです。
テキストの方だけ書き換えてアップロードしても変化なし。
ですから、「.po」を書き換える→「.mo」へ変換して保存したものも必要。
そこで使うのが「poedit」というもの。
poeditのダウンロード
インストールして使用します。

poファイルを開くとこんな感じ。「posted」のところの右側をいじる。
日付だけでいいやと思ったのでそんな感じに…お好みで。
作業前:


作業後:

これで保存ボタンで保存します。
この際、いじってるのは「.po」ファイルですが、
「.po」と「.mo」は同時に保存されるようです。ので、「.mo」については
タイムスタンプが新しくなっていればOK。

で、元の場所に「.po」と「.mo」両方アップロードする。
どうなるかな?
wordpressを開いているブラウザで更新してみます。
おお…完成の文面がこれでいいかはともかくとして、消えたは消えた!

感想

やりかたがわかりました!
でもデザイン的にどうしようかなあ~。
未だ迷っています。

あと、これこのプラグインに更新が入った時とかは
あまりうまくないのかもしれないー。
このまま使って検証してみます。

スポンサーリンク

WordPressをlolipopエコノミープランで構築する方法

スポンサーリンク スポンサーリンク

WordPressをlolipopエコノミープランで構築する方法についてのページです。

前提

私は、LOLIPOP!でサーバを借りたのですが、エコノミープランにしてしまいました。
LOLIPOP!でWordpress簡単インストールが使用できるのは『ライトプラン』、
『スタンダードプラン』、『エンタープライズプラン』等の、
エコノミーよりも上位のプランから。がーん…

どうしたものかな~…と思っていた時に見つけた方法です。
こちらのページを参考にさせていただいています!

参考

WordPresssをデータベースなし(SQLite)で使う方法

WordPresssをデータベースなし(SQLite)で使う方法


SQLite Integration(ja)

SQLite Integration(ja)

規約確認

ちなみに、本項を作成するにあたり、念のため規約をサポートへ確認させていただきました。
LOLIPOP!におけるWordpressは、簡単インストールについては『ライトプラン』以上と
なっていますが、「DBを使用しない状況で、自力でインストールするケース」であれば
エコノミーでも特に問題ないそうです。
注意点としては、以下の二点があげられます。
「ロリポップ側では動作確認保証などはしていない」
「インストールについての技術的サポートはない」
つまり、普通のphpスクリプトと同様の扱いという感じですね(よかった)。

続きを読む →

WordPress:記事中の字のサイズを変えたい場合

WordPress:記事中の字のサイズを変えたい場合。

WordPressのデフォルトの投稿機能には、「ビジュアル」と「テキスト」
があります。

「ビジュアル」だと、htmlタグ等を操らずに文章の編集が行え、
「テキスト」だとhtmlタグを使用して文章の編集が行えます。

ビジュアル例:
「Word」ライクに作業ができると思っていいと思います。

同じもののテキスト表示例:
ビジュアルと同じもの。タグではこう書いてあるんですね~。

テキストエディタの方では、タグを知っていれば好きに記述できますので
それはいいのです。
ですが、ビジュアルエディタの方では、
私的には初歩的なこと…「フォントのサイズを変えたい」というのが
できませんでした!意外です。

基本の機能だと思うんだけどな?
途中まで「見出し」で字のサイズが変えられたので、これなのかな~と
思っていたのですが、全然違いました。笑
それはただの見出しだ…!

字のサイズを簡単に変えたい

字のサイズを簡単に変えたい…そんな時、
ビジュアルエディタに機能を追加できるプラグインをご紹介します。

プラグインは「TinyMCE Advanced」を使用します。
字のサイズ変更以外にも、色々な機能が追加になり、
大変使いやすくなります。

1.プラグインの追加

「プラグイン」の上にマウスを持っていき、
「新規追加」をクリックします。

2.プラグインの画面が表示される

色々でてきます。

3.検索する

「TinyMCE」を検索ウィンドウに入れると、
候補に出てきます。

4.インストール

赤枠にある「今すぐインストール」をクリック。
「インストール中」になります。

5.有効化

赤枠にある「有効化」をクリック。

6.確認

有効化後、勝手に画面が遷移すると思います。
インストール済みのプラグインの中に、
「TinyMCE Advanced」が追加されています。

7.とりあえず使えるか確認してみる

「設定項目」とかありますが、無視して
とりあえず基本的なところが追加されたか
確認してみましょう。

8.新規投稿をしてみましょう。

「投稿」→「新規追加」

9.フォントサイズがある

赤枠のメニューを見てください。
フォントサイズができていますね!

10.使ってみる

フォントサイズ、自由自在です!
ドラッグで選択して、フォントサイズを指定しましょう。
※Wordライクです

11.他の機能も

例えば表が入れられるようになっていますね。
この辺もWordっぽい。

いかがでしたでしょうか。
便利な「TinyMCE Advanced」、ぜひ使ってみてください!

windows版:ソフトインストールなしで画像サイズを加工・回転

画像サイズの加工

iphoneや、カメラから取り込んだ写真ってめっちゃでかい。
そのままでは使用できないことも…。

そんなときに、特別なソフトなしで画像のサイズを小さくする
手順をご紹介します。

・加工の超入門
・ソフトのインストールなし(※windowsデフォルト)

画像を用意します。

これは、私がiphoneで撮影した抹茶の写真です。

続きを読む →

WordPress構築直後。超初心者向けテーマ変更の基本

WordPressがインストールできました!!構築直後からの触り方。

意外と構築直後の触り方が見つからなくって、作ってみようと思いました。
プラグインのインストールあたりからは結構あるのですが…
2度ほどここまでで挫折しているので(笑)、自分のメモも兼ねて記載していこうと思います。

構築して初めてログインした直後!

↓これが、構築直後の見え方です。↓
これはWordpressの管理画面ですね。
早速、赤枠部分をクリックして、自分の「サイトを表示」してみましょう。

構築して初めて表示した状態

すると出るのが、こちらです。↓
これが現在の自分のWordpress!デフォルトの投稿・コメントと、
デフォルトのテーマが適用された状態ですね。
うーん、なんか既にオシャレで、気分が高まってきます!!
上下に動かしてもカッコいい。

でもさすがに、まったくのデフォルトで、このまま運用する人は珍しいでしょうね…
というわけで、テーマを変えてみたいと思います。

続きを読む →