bitmex用トレーディングbotを初心者が作ってみた

スポンサーリンク スポンサーリンク

トレーディングbotの作成

前置き

本ページは、botを作ったことのない私が1から情報を集めて
botを作成していこうという気合で、作るために集めた情報などを
まとめて記載しています。
これを参考にすれば誰でもbotが作れる…!?かも。
インデックスみたいなものだと思っていただければ。

で、botのサンプルとして「ドテン君」。
今では「5万円で発売されてとっても売れた」ってことで有名ですね。
ですが、発売されたものとは別に「UKIさん」という方が
作成し使用していたものが元祖のようです。
ロジックのアレンジと、使用方法解説・その後のサポートを付けて

売り出されたのがakagamiさんのドテン君(AKAGAMI Ver.)とのことです。
確かに、bot!?すごそう!使いたい!!…けど、普通の人はどうやって使っていいか
わからないので、、技術料って感じですね。
購入した後に入れるラウンジが凄いのだとか?!

・元祖 UKIさんの記事

・AKAGAMIさんのnote(5まんえん)
https://note.mu/akagami/n/n557905c2fc88

で、私の気持ちですが。
へぇ~儲かるならちょ~やりたい
というシンプルな感じです。

え、botなんて作れるの?
と自分でも思っていますが、最近ガチャばかり引いてて
忘れかけてたけど私SEなんだった。
いけるいける!たぶんいけるよ!
なんでもやってみないと!

どうやってつくるか

色々Google先生で調査しましたが、結果、こんな感じで行こうかと。
私なりに取捨選択した結果です。
・取引所 bitmex(testnetがあるので、リアルタイム検証に良いし!)
・使用言語 python(botだと、pythonの情報が一番多かったので)
・サーバ Cloud9(Amazon) (延々動かすために。しばらく無料期間アリ)
・手法 まずはオリジナルドテン君を参考に

進め方

・AWSのCloud9に登録。登録~環境構築などはググるとたくさん出てきますが、
 →有料ですがおすすめのノートはこちら
  https://note.mu/mazmex7/n/n1a3a0293ce82
・Cloud9でのpythonの環境構築。
 →有料ですがおすすめのノートはこちら(上のと同じやつ)
  https://note.mu/mazmex7/n/n1a3a0293ce82
・pythonでbotを作り上げてゆく…
 →無料で、初めての稼働におすすめなのはこちら
 →元祖ドテン君を書き起こしてくれたもの+修正コードあり 無料!
 https://note.mu/ycrypthon/n/n359de7443211

で、あとはとにかく右往左往。やりたいことに合わせて。
参考になったノートを以下にまとめます。
#上に書いたものも一部含みます。

で、できました。

一応、動かすところまで行けました!
noteはお高いものから安いものまでけっこうたくさんあったんですが、
CCXTというライブラリのみのものが多くて…ね…
書いてある通りにやってもうまく動かなかったりして首をひねっていたのですが、
bitmexはCCXTをたまに制限したり?しているらしい?からかもしれない?
あるいは私の実力不足かもしれない?(結局よくわからなかったがオーダーすら出せなかった)
というわけで、私はCCXTをあきらめ、bitmexの独自APIを使用する形で作りました。

・色々と買いあさったけど、結果として役に立ったnoteたちをご紹介。
 python自体の知識は、ネットに落ちてる勉強サイトで今のとこ充分でした。
 つまづいたところでぐぐればよい。

元祖ドテン君風のもの

 https://note.mu/ycrypthon/n/n359de7443211
  →元祖ドテン君を書き起こしてくれたもの+修正コードあり 無料!
  →初めはこれを動かしてみた。
  ほぼコピペであろうと、「動かせた」というのはとても得るものは多い
  初めに挑戦してみてもよいbotなのではないかと!

bitmex向けのライブラリなど

 https://note.mu/mazmex7/n/n1a3a0293ce82
  →bitmex向けのAPIライブラリマップがついていたりして大変得るものが多い
  →CCXTをbitmex独自APIに直すのに一番役に立った
  →大変丁寧でわかりやすいが、botの完成という目線でいうと未完で続きが非常に待たれる
   →追記。第二弾があがりました!!しゅごい、こんな情報欲しかったの…ッ
    って感じで、CCXTとbitmex独自APIの注文用コマンドの詳細がたくさんです!!
    ああ、私の構築時にこれがあればあんなにググらなくてよかった…!ってくらい素晴らしいのでぜひ
    BitMEX 自動売買BOT開発 [ API編 ] ② API関数の実装、注文系 API の詳細(タイプ・オプション・特殊注文)

bitflyer向けだが勉強になるもの

 https://note.mu/snufkin0866/n/n9f89d66a400e
  →bitflyer向けbotソース+python解説など。
  →bitflyer向けではあるが、botそのものの勉強になる。
  安くて大サービス。超お得だった。

「逆指値注文(ストップ注文)」に関するもの

 https://note.mu/taaaaho/n/n53fafcfc40a3
  →CCXTを利用してBitMEXで逆指値注文(ストップ注文)を実装する方法。
  →この辺はもう用語からしてよくわからなかったので助かった。

CCXT系のTIPS

 https://note.mu/akagami/n/n0af0a96c261f
→Python3とCCXTライブラリを用いたBitMEX自動売買bot作成Tips
  →これも安くてありがたい 結果、CCXT自体は使わなかったけれども理解が進んだ
  →イマイチよくわからなかったテストネットへの接続はこれが一番わかりやすかった

このあとどうしよ

とりあえず、一応エラーが無く動くようにはなって、
bitmexのテストネットで動かしている状態です。
これで資本が増えてくれたらいいんですけども~~。

bot自体は完成しました。ですが、

★ほにゃらら★だったら
 →買う
 →売る

っていう「python自体」はできたんですが、
この「ほにゃらら」については、何を指標にすればいいのかは
もう自分で決めないといかんのですよね…
 今はサンプル的なものを入れっぱなしだけど。
えー、これチャートとかを見れるようにならないとダメ?
オリジナルドテン君をそのまま使うのもありかと思うのですが
作者さんが既に乗り換えているものだしなあ。。
うーん。
ここからは、bot云々ではない勉強が必要になりそうです。
まあ、テストネット最高、いくら損しても死なないぜ!ってことで、今回は終了です。
しばらく動かして勝てそうな雰囲気だったら、普通に本講座で
動かしてみようと思います!!
多分私がふんいきでトレードするよりは強いだろう。

次に向けては、これを読んでいます。
うーん、わかんない!w

スポンサーリンク

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です