AWS Cloud9が重くなることがある件について(vfs-worker)

スポンサーリンク スポンサーリンク

AWS

時折重くなるAWSの原因

私はトレーディングbotをAmazonWebService(AWS)のcloud9上で動かしています。
時々、この環境がとても重くなって困ることがありました。
その時にCPUなどを食いつぶしているプロセスはこれでした。

「vfs-worker」

topやpsで確認できます。
topだと大体一番上を陣取って90%前後のCPUを使用している状況です。
■top結果 これちょっとスクショのタイミング悪かったですね…。変動するんですがCPU90とか使っていたのです。

■psしてgrepしてみると2個ある?

対策

これ何かしら、どうしたらいいかしら…
ということで調べていたら日本語のページが全然なかったので
メモとして書いておきます。

色々ググってて、イマイチ情報の集まりが良くなかったんですが、
サポート(twitter)がぶっ殺せ、再接続するからOK
っぽいことを言ってることがわかりました。英語苦手なんだよなあ…

これです。


この質問者はなおらなかったみたいですが、多分別の、inotifyプロセスが原因だったと思われるので、「vfs-worker」が重くなってる場合にはサポートの回答は有効なのではないかと考えられます。

で、私の場合。特に何かをする前に、なおってしまいました。
えー。しばらく耐えればなおるのかな?そういうもん?

ちなみに、なおったというのは
・[プロセスは変わらず存在する]が[負荷が下がった]
という状態です。

ちなみに、このプロセス殺すと何が起こるかというと…

このように、reconnecting…となり、再接続されました。
確かにtwitterサポートの言うとおりのようだ…
ただ、2個あって、片方は別の接続なのかな?と思ったのですがどっちを殺しても
自身の画面に「connecting…」と出ました。冗長化?

というわけで、「vfs-worker」が重くなってたらkillしてみるのも一つの手ですね。
[自身-AWS]間の接続なので、そこで大きなやり取りをしていなければ
殺しても実害ないと思います。
(つまり、[bot-取引所]間のやりとりには影響を与えません。)

killの仕方

ps -ef |grep vfs-worker
 →vfs-workerのプロセスIDを特定
kill 特定したPID(たいてい数字4~5ケタくらい)
 →すると、たぶん画面に「connecting…」と出て再接続されます。
軽くなりましたか?
私も次重くなったら試して追記します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です