情報処理安全確保支援士の登録と維持にいくらかかるのか

スポンサーリンク スポンサーリンク

情報処理安全確保支援士

IT業界初の士業としてはじまった資格です。
旧情報セキュリティスペシャリスト試験の流れをくみ、
セキュリティ周りの高度な知識・技能を保有する証となります。

こちらは、士業となりますので、他のIPA試験とは違い、
合格して保有しているだけではあまり意味がありません。
「情報処理安全確保支援士」と名乗るためには、
合格後にきちんとした登録作業が必要です。

今回はこの情報処理安全確保支援士について、
登録・維持にぶっちゃけいくらかかるのかをまとめていきたいと思います。

→詳細は要らぬという人は、「費用まとめ」まで飛んでください!

登録資格者

現在、登録資格があるのは以下の方。

・「情報処理安全確保支援士試験」の合格者
#言わずもがなですが。
・以前の試験
「情報セキュリティスペシャリスト試験」又は
「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験」合格者(※合格年度はいつでも)
について、「制度開始から2年間の経過措置期間(2018年8月19日申請締切)」
での登録をした人。
・上記のほか、「情報処理安全確保支援士試験合格者と同等以上の能力を有する者」
というのがありましたが、こちらは試験を受ける一般人には関係なさそうなので
省略します。

登録に必要な費用たち

※振りこみの費用等は備考程度に記載します。

試験費用

・今から受験する場合 平成30年春季現在 5,700円
・参考書代(人による)

登録費用

・免許税 9,000 円 収入印紙にて支払
・登録手数料 10,700 円 振込にて支払(振込手数料)
・登記されていないことの証明書 (一通300円程度 郵送の場合は往復の切手)
・身分証明書(後見登記の通知を受けていないことの証明) (一通300円程度 郵送の場合は往復の切手)
※運転免許証などのいわゆる身分証明書ではありません、混同しそうな名前ですが
「禁治産・準禁治産宣告の通知、後見登記の通知、破産宣告・破産手続開始決定の
通知を受けていないことを証明したもの」とのことです。
支援士については、「成年被後見人、被保佐人」であることが欠格事由となるための
提出チェックだそうです。
・戸籍の謄本若しくは抄本又は住民票の写し(原本)
→戸籍の謄本若しくは抄本 の場合 (一通450円程度)
→住民票の写しの場合 (一通300円程度)

登録後の講習費用

登録は上記書類で可能です。
ですが、その後情報処理安全確保支援士には講習の受講義務があります。
引用:登録日を起点として1年の間に1回6時間のオンライン学習と、
3年に1回6時間の集合講習(グループ討議を含む)を受けることが義務付けられます。
オンライン講習A、B、C、各コース20,000円、集合講習80,000円(非課税)
とのことですので、
・1年目 オンライン学習 20000円
・2年目 オンライン学習 20000円
・3年目 オンライン学習 20000円
・★1~3年目のどこか 集合講習 80000円
・4年目 オンライン学習 20000円
・5年目 オンライン学習 20000円
・6年目 オンライン学習 20000円
・4~6年目のどこか 集合講習 80000円
(略)

…という感じに支払っていくことになります。
登録の更新というものはありませんが、講習受講義務がありますので、
上記のオンライン学習と集合講習を必要な分受けないと「登録の取消し」の
流れとなります。取り消し後、2年間は再登録不可らしい…

また、高い方の「集合講習 80000円」については、
資格試験に受かって3年以内の方であれば1~3年の間に受ければよいようですが、
「試験合格日から登録日までの期間が3年を超えている方」については、
1年以内に受講しなければならないようです。
私はセキュリティスペシャリスト試験合格者ですので、
今から登録すると1年以内の受講になりそうですね…
情報の最新化という意味では仕方ないというかありがたい事ですね。

費用まとめ

結果として、まず登録「一年目」での
お値段はこのくらいです。(書類取得の手数料等や教科書代等はいれていません)

受かってすぐの方
5700+9000+10700+20000=45400円

受かって3年以上たった方(セキュスペなど旧試験だとこちらの可能性が高いかと)
5700+9000+10700+20000+80000=125400円
(旧試験は5700円もしない時期だった記憶ですがとりあえず5700として記載させていただきます)
その後、年ごとに20000円のオンライン学習、3年ごとに80000円の講習…
という感じですね。
お金だけ見ても大変ですが、講習も大変そうです。
さすが、「士」業。

3年スパンとして維持費のみ見ると3年で講習費用が14万円ですから
140000わる36で月額3888.888888888889円という感じですね。
高いとみるか、安いとみるか。
これを持っていることで給料が4000上がればトントンくらい?笑

感想

もうすぐ旧試験合格者から登録できる経過措置期間が終わってしまいます。
2018年8月19日申請締切となっています。
正直、調べてみたら高いし、別に今要るわけじゃないし、
どうしようかなぁと迷っていたのですが、
一応登録しておこうかと思っています。
私が受けたころは士なんてそんな話無かったけど、
せっかくたまたまセキュスペ持っているんだし…。
あと、小さいころは「弁護士」とかあこがれてたし…
お母さん、弁護士にはなれませんでしたが
情報処理安全確保支援士にはなれました。
みたいな。

3年維持してみて、あまりにパッとしなかったら一度登録辞めて
情報処理安全確保支援士試験を受けなおしておこうかな~。
今はそんな気持ちです。
雇うことが義務になる職場が出てくるとか、
そういう脚光を浴びるときがくるといいのですが!

教科書は翔泳社が好きです。

スポンサーリンク

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です