ハーバリウムの情報まとめ

スポンサーリンク スポンサーリンク

ハーバリウムとの出会い

今年の母の日の贈り物を調べていて、ハーバリウムというものを
初めて目にしました。

なんだこれ、めっちゃきれい!
なんて乙女心をくすぐるアイテムなんだ…
今、インスタとかでも熱いらしいです。
インスタやってないからほんとかわからんけど。
まあ、凄い綺麗なので納得ではある!
ガラス×お花×透明な液体…
こんなの綺麗に決まってる!
ちなみに、食べ物ではありません

というわけで急激に気になったので情報を調べてまとめてみました。

ハーバリウムについて

ハーバリウムとは何か

ハーバリウム(herbarium)は、植物学において保存された植物標本の集積(植物標本集)を指す言葉

引用:wikipedia
ハーバリウム、もともとは標本を示す言葉なんですね。
押し花標本が基本的なところとのことですが、一部液体に封じ込めるタイプもあったようです。
化学室とかにあった生物標本とかも、確かに液体につけられてました。
本来は、

植物のDNA情報源としても有益

とかそういう使われ方をするようですが、今盛り上がっているのは
とにかく綺麗な見た目に仕上げたハーバリウム。
正直、母の日の商品一覧で初めて見た時は「ああ、ジャム?マーマレード?かな?洒落てるなあ」と思ったくらい色鮮やかで綺麗なのです。

何に使うのか

元々の標本の使用方法はさておき、商品として盛り上がっている
ハーバリウムは完全に「観賞用」です。
インテリアとして窓辺などに置いて、
キラキラさせてみるのが主な用途ではないでしょうか。
「ヒーリングボトル」といった宣伝で売られているものも
ありました。確かに癒されそうです。

どうやって作るのか

作り方。中に入っている液体、ただの水ではありません。
水だったら普通に腐ってしまう…!

材料を用意する

・ドライフラワーorプリザーブドフラワー
・使用したい瓶(ふたがあること!)
・ハーバリウム用のオイル
・ピンセットなど、瓶に花を入れる際に便利なもの

お花

これはもうセンスとしか言いようがないですが…参考に
値段としては
プリザーブド>ドライフラワー
になると思います

ビン

ビンはまとめ売りもあります

丸いのもかわいい

フラスコ?ぽいのもなかなか

瓶を洗浄し、消毒しておく

瓶を洗って乾かし、消毒しておきます。
エタノールとかがおすすめ。

瓶にドライフラワーを入れる

※かならず瓶が乾燥した状態となっていること!
でないと腐敗するようです。
お花をどう重ねて入れるかはセンスでしょう。

オイルを入れる

ハーバリウムオイルを入れていきます。
こういうやつ↓

もっとでっかくも買えるけど缶はかなりガチ勢っぽいですね↓
めちゃハマったら缶がいいかな。

オイル選びの参考に:https://iyashimoment.com/herbarium-oil/
後は使ってみて感触をつかむのがいいかも!?

気泡が消えたらふたを閉める

気泡が消えたらふたを閉めてフィニッシュです。

どのくらいもつ?

調べてみると、大体一年ほどのようですね。
プリザーブドもそうですが、最終的には色あせてしまうのが
大きいんじゃないかな。
瓶が乾いていなかったり、ドライフラワーが古いとか乾燥しきっていないとか
そういうことがあると、3か月ほどでダメになってしまったりもするようです。
また、花の種類やオイルによっても変わってくるとか…
参考:ハーバリウムってどれくらい持ちますか?
この辺は経験ですかね…
教室などもあるみたいです。
もし自分で作って売りたい場合は、習いに行くのもいいかもですね!

作ったら売ってみよう

自分で作ったアクセサリーや服、ハーバリウムなど…
minneで売る(通販)ことができます!
売れた時に手数料が取られますが、プラットフォームとしては圧倒的に便利。
手作りすることが好きな人は、登録を検討して見てはどうでしょう♪



私もアクセサリーを売ろうとして登録してあります!
#まだ販売に至っていない…
============
============
============

その他素敵なハーバリウム

そのほか、私が見た目気に入ったハーバリウムたち!
ビンの形を変えるだけで、ガラッとイメージが変わるの、素敵ですね

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です