【自動取引bot用】python初心者だけどローソク足のグラフを書く

スポンサーリンク スポンサーリンク

pythonでローソク足のグラフを書く

この記事では、前回pythonでbitmexで使用する自動取引botを作ってみた初心者が
理解をどんどん深めるためにローソク足のグラフを描くべく四苦八苦していきます。
ちなみにどのくらい初心者かというと、グラフを描いたことはないくらいです。
ちなみに、作ったbotは元気に動いています。
一回だけ不正落ちした(通信エラー処理不足かな)けど…
で、損益がやばい。
儲かってない。
ドテン君のようないわゆるトレンドフォロー型のbotは、レンジ相場(あまり上げ下げが無い)に弱く、
トレンド相場(それなりの期間上がり続けたり下がり続けたり)に強いというのがふつうのようです。
なんで?と言われると私も初心者なので困るのですが、トレンド相場は順張り、レンジ相場は逆張りするといいらしいですが、
そのからみなのではないでしょうか…
最近はレンジ相場の期間が長かったせいか、いわゆる往復ビンタ(買ったら下がって損をし、売ったら上がって損をする)を食らい続けていました。
それに耐えてトレンド相場を待つ…!!
というのが正攻法なのかもしれませんが、レンジ相場もそれなりに耐えきりたいじゃないですか。
まあどうやって耐えるのかよくわかってないんだけど。
わからないことを解明する…そのためにお勉強をするのです!!
まずはグラフ書くぞ!!
というわけでこのページができました。
グラフにあれこれしてエントリー箇所を改良すれば、botがもっとよくなるはず!
ただ、私超文系だし数学は2Bまでしかやってないし初心者だしシグマとかよくわからない(Bで出た気はする…?が理解はできなかった)ので、一歩一歩頑張ります。

step1.まずは基本的な線を引いてみる

まずは何かしら線を引いてみましょう。

続きを読む →

スポンサーリンク